大腿骨頭壊死症専門の療法院 健康ライフやすらぎ

改善率65.5% 6年間で90人が改善
骨頭の再生が進行していると診断されたお客様の症例

骨頭の再生が進行していると診断されたお客様の症例

自宅療法中の方が、大学病院で骨頭壊死症の定期健診の結果、骨頭の再生が進行していると診断されました。

状況

N様 45歳の男性
病因:ステイロイド性大腿骨頭壊死症と思われる。
発症:2017年8月

大腿骨頭壊死症のレベル

右側 進行初期
左側 進行中期

大腿骨頭壊死症のレベル

来院開始:2017年11月28日

来院終了:2018年2月2日

通院回数:10回

自宅療法開始:2018年1月26日より続行中 大腿骨頭壊死症の自宅療法詳細はこちら

自宅療法の内容:栄養療法と磁気療法

N様よりの受信メール

通信期日 2018年3月29日

***

工藤先生

いつもありがとうございます。

本日の兵庫医大病院でのレントゲン検査につきまして報告申し上げます。整形外科の先生はレントゲン写真を見ながら半信半疑でしたが丸いしっかりした骨頭があると。まだ悪い部分はあるが特に運動しても大丈夫なレベルの骨頭があるとのことです。びっくりするコメントです。

良くなっているとは言えないでしょうが

次回は半年後のレントゲン検査で良いとの事で終始レントゲンを見直しました。

確かに特に先月あたりから痛みもほぼおさまり骨頭をかばって歩いていたため膝が若干痛いくらいでこちらは徐々に引いてきています。

仕事、普段の生活も不自由なく過ごせており健康のありがたさを実感する毎日です。

これもひとえに工藤先生のご指導と家族や回りの方の支えあっての事と感謝申し上げます。

まだまだ油断はしませんが取り急ぎ

お礼とのことご報告まで
今後とも宜しくお願い申し上げます。

***
健康ライフやすらぎ患者様とのメール

健康ライフやすらぎからN様への返信メール

通信期日 2018年3月29日

***

N様へ

こんにちは。

何よりのニュースをありがとうございます。
いつも健康ライフやすらぎをご利用いただきありがとうございます。
専門医による診断結果だと思いますので、N様をはじめお母様、妹様もご安心なさることと思います。

医師は、MRIによる観察で最終的に判断すると思いますが、骨頭表面の緻密骨の再生は間違いないようです。
そうなりますと、もう圧潰の恐れはないと思います。
壊死は、骨頭表面骨の壊死と骨髄の壊死で成り立っていますので、いつかはMRIで全体の回復をご確認下さい。

機会があれば、画像をお見せ下さい。

お母様と妹様にもよろしくお伝えください。

***
健康ライフやすらぎ患者様とのメール

Nさんより健康ライフやすらぎへのメール

通信期日 2018年3月29日

***

健康ライフやすらぎ 
工藤先生

ご連絡ありがとうございます。

また半年後位に改めてMRIをとり先生にお渡し出来るようにします。

今後とも宜しくお願い申し上げます。
取り急ぎ御礼とご報告まで

**
健康ライフやすらぎ患者様とのメール

その他患者様の声・実例紹介

健康ライフやすらぎの考え

現時点では、MRI画像を確認できていないので、Nさんが医師から伝えられた情報のみをもとにお伝えします。
Nさんの右骨頭は自然治癒してもおかしくないのですが、左骨頭の痛みが、健康ライフやすらぎへの来院理由でした。
左骨頭の痛みの鎮静化と骨頭再生の進行ですので非常に革新的な出来事です。
骨頭骨の圧潰が有ったケースでも症状の進行は停止することはありますが、再生という事例は非常に稀なケースになります。
適切な栄養と磁気刺激というシンプルな大腿骨頭壊死症改善法を、もっと掘り下げて、公的にも医療研究する時期ではないかと考えます。

健康ライフやすらぎの手術や他改善方法との違い

PAGE TOP