健康ライフやすらぎ

改善率65.5% 6年間で90人が改善
手術や他改善方法との違い

手術や他改善方法との違い

大腿骨頭壊死症に関係する医療技術

1医療による大腿骨頭壊死症治療

大腿骨頭壊死症の外科療法は、人工骨頭置換術、人工関節置換術、骨頭回転骨切術が代表的な治療法です。

人工骨頭置換術は、骨頭の崩壊が進んでいるが、寛骨臼の損傷が無いか少ない場合に選択されます。
人工関節置換術は、骨頭の崩壊が進んでおり、寛骨臼の損傷の多い場合に選択されます。
人工骨頭置換術と人工関節置換術では置換素材の摩耗やゆるみによる骨溶解や痛みなどの経時的な障害が発生するが素材技術の開発で障害発生率は低下している。
骨頭回転骨切術は、年齢が若くて、生存期間に人工骨頭の再置換や人工関節の再置換が想定される場合に選択されます。手術の成功率は85%付近ですので15%程度の割合で人工関節置換術に移行します。

2術後の生活は手術の成功率により大きく異なります。

成功の場合

  • 痛みが消失する
  • 短期間のリハビリで歩行障害はなくなる。
  • 歩行、あるいは速足は問題なくできる。

失敗の場合

  • 痛みが持続する。
  • 歩行障害が残る。
  • 大腿骨の劣化が起きる。
  • 感染症にかかりやすくなる。

成功の場合であっても、日常の生活は注意が必要です。
特に注意すべきことは、転倒です。
転倒は脱臼を起こす原因になります。
高齢者の場合は、人工関節に接する部分の骨折が起きやすく、寝たきり生活の大きな原因になります。

3運動は出来るのか

骨頭回転置換術の成功後は、ほとんどの運動は出来るはずなのですが、実際には大腿骨の接合ボルトの刺激とか、左右の足の長さの差が出るとかで、アスリートのような過激なスポーツは出来ませんが、負荷の少ないスポーツはできます。 人工骨頭置換術、人工関節置換術、の場合は日常の歩行、速足は問題ありませんが、体位の急激な変化を伴うスポーツは脱臼を起こす危険性が有りますので、スポーツの種類は慎重に選択してください。

医療としては認められていない。 保険の適用はできない。 しかし現に 64%の人が人工関節=メスを入れず回復させている。 副作用やトラブルは無い(本来の人間の力を引き出す療法のため)

非医療による大腿骨頭壊死症改善技術

改善率の比較

人工関節置換術の場合と自宅療法の比較

人工関節置換術の改善率

人工関節の場合は、さまざまなネット情報を総合すると改善率は80%~90%の範囲のようです。

自宅療法の改善率

自宅療法では、歩行評価と痛み評価をレベル化しています。いずれもレベル0からレベル5前の評価で、
レベル0が健常者、レベル5が最も深刻な症状を表します。
改善とは、歩行レベルと痛みレベルが2以下でその状態が6か月以上継続した場合に改善と定義します。
2017年までの自宅療法の平均改善率は65.5%です。

改善の定義

歩行レベルと痛みレベルが2以下でその状態が6か月以上継続したことを改善と定義する。

自宅療法での改善率は、2017年度6月時点で67%

人工関節置換術の手術費用

大腿骨頭壊死症の医療による手術費用は、大腿骨頭壊死症が特発性疾患であることから、医療助成を受けることができます。実負担は、10万円以下のようです。
変形性股関節症の場合は、人工関節置換術に80万円程度の費用が必要のようですが、実際には高額医療費の返金が有りますので実負担は大幅に減ります。

自宅療法の費用

健康ライフやすらぎの自宅療法は、保険適用ではありませんので実費負担が伴います。
月額負担は、15000円から35000円の間になりますから、1年間で180000円から420000円の費用が必要になります。
経済的には、明らかに医療による治療のほうが優位です。

費用比較概算(単位/万円)
内容 毎月の料金 毎月の料金 毎月の料金
人工関節置換術 300 0 300
自宅療法(年間) 42 42 0

改善に要する期間は、人工関節の場合ははっきり見積もれますが、自宅療法の場合は、壊死の程度、職業などの外部環境の相違なので正確に見積りにくいのですが、経験値から概算値を表示します。人工関節の治療期間は入院となります。リハビリ期間も大部分休業となります。
自宅療法の場合は、健康保険適応による休業補償のある方は休業しますが、ほとんどは仕事しながら同時に自宅療法を並行して行います。
つまり休むわけにはいかない方は、改善速度は緩慢でも自宅療法を選ぶことになります。

療養期間の目安概算(単位/月)
対象 治療期間 リハビリ 完全休業の期間
人工関節置換術 1 6 3
自宅療法(年間) 6~24 0 0

後遺症の可能性

人工関節置換術の改善率85%とした場合、改善しなかった15%は確実に後遺症が発生して、インプラントに置換した組織の宿命で、自己再生は無いことより、終生医療に頼ることになる。
自宅療法は、自宅療法では、長い歴史を持ち副作用のないことが経験的に証明されている、交流磁気治療器とサプリメントを使用します。
いづれも自己修復能力を生かす方法ですので、副作用、後遺症は有りません。

後遺症の可能性
対象 後遺症の有無 理由
人工関節置換術 有り 機材摩耗による再手術、痛み、感染症、骨溶解。
自宅療法(年間) 無し 改善しない場合は人工関節置換術に移行する。

人工関節か自宅療法か

数字を見る限りでは、医療による治療のほうが費用も改善率も療養期間も優れています。
ただ後遺症の可能性については、圧倒的に自宅療法がすぐれています。
その理由は、自宅療法が人間の組織再生力を最大に生かす技術を用いているからです。
医療は、結果の出方が非常にはっきりしています。明確に改善したといえる場合と、改善しないか、むしろ悪化してしまう場合に分かれます。医療で改善しない場合は、深刻な症状を終生持ち続けることになります。
自宅療法は、医療に比較して結果の出方が曖昧です。医療が日単位で結果を確認できるのに対して、自宅療法は月単位の結果確認となります。
自宅療法の効果は、血管障害の改善、穏やかな鎮痛作用、軟骨の再生、壊死骨の吸収と新生骨の再生に及びます。
外科的な治療は、医学が進歩しても、成功するか、失敗するかの二者択一の賭けになります。成功確率が高いことがあなたの成功を約束するわけではありません。どうしてもリスクを取る覚悟がいるのが実情です。
自宅療法は改善率が60%台ですので改善しない方もおられるのですが、それは、改善しないというだけで、終生取り返しのつかない深刻な症状に苦しむこととは異なります。 自宅療法で改善しないときこそ、外科的な治療を選択なさるべきです。

改善技術比較
対象 技術内容 自己再生の可能性
人工関節置換術 骨頭と受け部を人口素材と置き換える。 無し
自宅療法 骨再生と軟骨再生を図る。 有り