大腿骨頭壊死症専門の療法院 健康ライフやすらぎ

改善率65.5% 6年間で90人が改善
Googleへの異議申し立て

Googleへの異議申し立て

Googleの考え

Google のガイドラインに違反するようなコンテンツが存在していれば、順位が下る可能性がありますので、 その場合は、チェックをおすすめします。以下ご参考になればと存じます。

  1. オリジナルのコンテンツが全く存在しないページがある。
  2. 隠しテキストや隠しリンクがある。
  3. 他サイトのコンテンツを無断で複製して掲載している。
  4. ページのコンテンツに関係のないキーワードが詰め込まれている。
  5. 記載内容に専門性、権威性の裏付けがない。

以上のような案内が,SEOサービスの会社から届いたのでGoogleに異議申し立てをいたします。
1~4は妥当な内容ですので問題ではありません。
問題は5です。

健康ライフやすらぎについて

私は、無資格の民間療法院を経営しています。
大腿骨頭壊死症という難病の改善法を指導して、痛みや歩行障害の実績を蓄積しています。権威ある医療機関が否定する、骨折した骨頭の再生事例を5例ほど所持しています。
その内1件は、兵庫医大病院でも骨頭再生が今までにない事例として認められています。

健康ライフやすらぎの考え

Googleのガイドラインは、既存の権威ある医療機関は認め、私のような民間の療法院を排除しています。
治癒の本質を調査研究した、アンドルー・ワイル博士著「人はなぜ治るのか」によりますと、治癒の本質は未だ不明とされています。全く正反対の治療を施しても良くなることも良くならないことも有るということです。つまり権威ある医療機関だから治癒させことができるといえなく、民間の治療機関で治癒することも有る。反対に権威ある医療機関で治癒して、民間の医療機関で治癒しないということも有るということになります。どのような方法をとっても良くなることも良くならないことも有るということになります。
現実に私は、権威ある医療機関が治癒しないと思い込んでいる、大腿骨頭壊死症の骨頭再生を果たしています。
Googleは、独裁的な価値観で世界の支配者になろうとしているのでしょうか?
Googleの現在の影響力はとても民間機関とは言えず、情報帝国の主だといって差し支えないでしょう。
しかしながら、情報社会の現在で、情報を遮断して中小医療機関を排除する権利はGoogleにはありません。

手術をしない大腿骨頭壊死症の改善 健康ライフやすらぎについて

PAGE TOP