大腿骨頭壊死症専門の療法院 健康ライフやすらぎ

改善率65.5% 6年間で90人が改善

大腿骨頭壊死症の
憂鬱な痛みについて

健康ライフやすらぎは、「健康ライフやすらぎ式自宅療法」Ⓡを商標登録しています。
以下①、②、③をLIST OF GOODS AND SERVICESとしています。

 食餌療法による健康指導

 磁気治療器による健康指導

 運動療法による健康指導

本稿は①食餌療法による健康指導として「大腿骨頭壊死症の憂鬱な痛みについて」をサイトアップします。

お問合せ

072-831-2001

kenkoulife@kmj.biglobe.ne.jp

住所

〒572-0085 大阪府寝屋川市香里新町21-12 健康ライフやすらぎ

資格

日本臨床栄養協会 NRサプリメントアドバイザー
日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー
整体師

健康ライフやすらぎの特徴

お話をお聞きすることで、あなたに最も適したやり方を提案します。
落ち込んだ時、不安な時こそ相談することが希望の第一歩です。

1項 大腿骨頭壊死症独特の痛みを理解しましょう

図 股関節

図 股関節

大腿骨頭壊死症は、強い痛みと歩行障害を特徴とする病気です。 大腿骨頭壊死症は、ステロイド投与、アルコール多飲、喫煙、肝臓障害と様々な要因で発症します。 どのような要因であっても、血管の血流閉塞とその結果による、骨頭骨を構成する骨細胞の壊死によって発症するという経過は共通しています。

2項 大腿骨頭壊死症の自然経過

健康ライフやすらぎは、大腿骨頭壊死症の発症から、最終的な変形性関節症までの経過を4期に分類しています。

図 大腿骨頭壊死症自然経過 4期分類

図 大腿骨頭壊死症自然経過 4期分類

大腿骨頭壊死症の自然経過4期分類

ここに痛みレベルとは、各人が感じる最大の痛みを、痛みレベル5とし、無痛状態を痛みレベル0とした場合 その間隔を5等分して表現する痛み評価法です。

第1期:血管障害により骨細胞が壊死を起こす時期

痛みレベル0

第2期:壊死骨の自己崩壊で強度が低下するが、痛みは低い時期

痛みレベル0~2

第3期:壊死骨の強度低下が進んで圧潰が進み、高レベルの痛みが出る時期

痛みレベル3~5

第4期:関節から壊死組織が消失して変形した骨頭が残り、歩行時痛みの出る時期

痛みレベル1~4

3項 大腿骨頭壊死症の痛みの仕組みを知る

大腿骨頭壊死症で痛みが出る仕組み(壊死骨崩壊に関係する痛み)

大腿骨頭壊死症は、細菌感染によらない無菌性炎症です。
炎症作用は、壊死組織の体内からの排除作用といえます。
壊死組織の分解と体外への排除の過程を炎症と表現しています。

大腿骨頭壊死症の痛みの特徴

消化器で起きる消化活動は食品の栄養成分が消化酵素で分解され、小腸から体内に吸収される活動です。消化器官は厚い粘膜で覆われていますので、消化酵素の作用による痛みは発生しません。
関節内腔は薄い粘膜構造のために、壊死組織が免疫細胞の貪食活動や、様々な分解活動の結果生じた刺激物質は、粘膜下に存在する痛みを感じる神経末端に伝わりやすいことで、強い痛みが発生します。

図 大腿骨頭壊死症痛みが出る仕組み 壊死組織消化作用による痛み発現

図 大腿骨頭壊死症自然経過 4期分類

大腿骨頭壊死症の痛みの出方

壊死骨は時間とともに劣化が進み強度を失います。壊死骨強度が体重を支え切れないと、壊死骨崩壊を起こして、崩壊した壊死骨が関節内に分散します。
崩壊した壊死骨は、鋭角部分で関節粘膜を刺激して痛みとなりますが、さらに痛いのは、崩壊壊死骨が関節内で消化される際に感じる神経刺激による痛みです。
トラウマと言っていいほどの痛みを感じます。

4項 大腿骨頭壊死症の最大の悩みは痛みですが、痛みにはパターンがあります。

痛みパターン① 低レベルで日常的に出る痛み

図 低レベルで日常的に出る痛み

図 大腿骨頭壊死症自然経過 4期分類

低レベルで日常的な痛みへの対処法
日常的な痛みへの対処は、急速に骨頭が崩壊することを予防します。
大腿骨頭壊死症は、痛みの増減の周期があるのが普通です。
殆どの期間は、低レベルの痛みの発現で、日によっては痛み全く感じないこともありますが、長くは続きません。それは壊死骨の微量崩壊が常時発生していることが原因です。
壊死骨は、体にとっては異物になりますので、崩壊と消化さらに体内からの排出という流れは、自然なことだとも言えます。
自然であれば、崩壊を止めるというのは不自然なことです。
痛みの悩みは、急速な壊死骨崩壊が起きるということによりますので、微量の崩壊が持続するようにコントロールすることが、そのまま痛みの制御になります。
健康ライフやすらぎ式自宅療法Ⓡの目的は、組織再生と組織崩壊のバランスをとることに意味があると考えています。
対処は、ハーのブ利用、血流の改善、食事素材の検討により行います。
詳しくは、サプリメントアドバーザーである健康ライフやすらぎにお問い合わせください。

参考となるハーブ類

図 ボスウェリア

図 ウコン

図 デビルスクロー

図 食品素材 パイナップル

痛みパターン②. 壊死骨が急速に崩壊した時の痛み

図 痛みパターン②

崩壊した壊死骨が起こす痛みの特徴

  • まともに歩けない。
  • 便所に這っていく。
  • 安静にしても痛みが減らない。

悲劇的と言える痛みが、不安感を増幅させて、手術を選択するように追い詰められるケースが多く向けられます。
ただ、無限に続くと思われる痛みも最大ピークは3日間くらいで、その後急速に痛みが低下します。
それは、壊死骨の消化と吸収が終わったことを示すサインです。
痛みの発現から3週間程度で元の痛みレベルに戻るケースが多く観察できます。

痛みへの対策
最大痛みの時は、何をしても対策になりません。温める、安静にすることで、関節内での消化吸収を待つしかありません。
救いは、痛みはいずれ終わるということです。

痛みパターン③ 変形骨頭が関節粘膜を刺激して出る痛み

図 痛みパターン③

痛みパターン②が治まったと安心したのも束の間に、突然急激な痛みに襲われて不安になることがあります。但し3日以内で痛みは治まることが多いです。
多くは、関節を屈曲させたりしたときに起きやすいのが特徴です。
これは、変形骨頭が関節粘膜を刺激して、粘膜が傷つき出血することで出る痛みです。
粘膜の修復と出血が吸収されれば速やかに痛みが引きます。

変形骨頭は、消化作用の影響を受けますので、形状が鋭角から鈍角に変化します。そのために痛みパターン③は発生頻度が低下していきます。

対策

 安静

 温め

 ビタミンB6の服用

 グルコサミン服用

 コンドロイチン服用

 磁気療法

などです。

5項 大腿骨頭壊死症で痛みが出る仕組み(骨髄の圧力が高くなって出る痛み、骨髄浮腫)

体の組織は、活性酸素による障害を受けて破壊されますが、その後炎症が発生して、腫れて痛みが出て、やがて、その腫れも、痛みも治まり炎症が終わります。 活性酸素は、障害を受けた組織の掃除をするという役割を持ちます。

血管障害による大腿骨頭壊死症の発症

活性酸素は、大腿骨頭壊死症の発症にとても重要な要素となります。
ステロイド投与、アルコール多飲、肝臓障害、喫煙はいずれも体内で活性酸素を発生させます。
そのうち動脈内で活性酸素が発生すれば、動脈内皮に炎症が起きます。炎症の修復作用として、動脈内皮に血栓が形成します。血栓は泡状のプラークというコブを成長させることで動脈血の閉塞へと移行します。
血流の閉塞は、閉塞箇所以降の細胞死を招きます。
大腿骨頭壊死症は、骨頭骨を形成する骨細胞への血流閉止による細胞死、つまり壊死症の発症へと進んでいくことになります。

骨髄浮腫による関節痛の発生

骨髄浮腫は、脂肪細胞の酸化障害により発症します。
骨は3mmの緻密骨で覆われていますが、骨の内部は豊富な血液と脂肪細胞に満たされた骨髄組織となっています。
脂肪細胞は、エネルギーの一時貯蔵場所と生理を司る化学物質を分泌する役割があります。
脂肪細胞の弱点は、酸化障害に弱いということです。

図 正常な脂肪細胞

ステロイド、飲酒、肝臓障害などで体内に活性酸素が多量に発生した時に、脂肪細胞は活性酸素攻撃で膨潤化してその後破壊されますので、後には脂肪球が残ります。
脂肪細胞に比較して脂肪球は体積が増えますので骨髄内の圧力が上がり、骨髄浮腫という状態になりますが、その時に骨髄内を圧迫した痛みが関節痛という形で出ます。

股関節の大腿骨頭壊死症になのに、膝関節痛が出るのは骨髄の腫れ(骨髄浮腫)が起きることも原因です。

図 脂肪細胞の膨潤化

図 骨髄の構造

図 骨髄浮腫の痛みは脂肪細胞の膨潤化が原因

骨髄浮腫の痛み対処

骨頭崩壊や軟骨損傷の痛みは、一般に冷やすより温めてください。
温めて痛みが増すようでしたら冷やすやる方が適しています。

骨髄浮腫の痛みは、冷やすことが効果的です。
痛い膝ではなく、股関節鼠径部を冷やして動脈血を冷却する方法です。
冷却には、湿らせたタオルとか、冷却材入りバッグなどが適しています。
お風呂で鼠径部を冷水シャワーもいいです。

図 骨髄浮腫の痛みには鼠径部冷却が効果的です。

第6項 大腿骨頭壊死症と食事

大腿骨頭壊死症の発症から、痛みの発生、さらには変形性関節症に至る症状変化に、活性酸素が深くかかわります。
食事は、体の健康保持の基本です。さらには大腿骨頭壊死症の症状改善にも重要な働きを行います。
食事でとる栄養は、消化器で体に吸収される分子構造に分解されて、エネルギー産生、体組織の代謝、免疫活動、内分泌、成長に係る細胞群の活動源です。その上に大腿骨頭壊死症の方の食事で注意することは、活性酸素の毒性を中和する抗酸化食品といわれる食品を多種多様に摂取することが大事です。
日常生活で抗酸化食品といわれるものは大部分野菜ですが、抗酸化の程度は野菜により異なります。
様々な食材を使い調理をするのは、多くの時間と費用を伴います。
多忙な生活の中で調理をするという考えに至らないのは、現在社会の歪みだと思います。
大腿骨頭壊死症の改善は、薬、サプリメント、健康器具と様々あると思いますが、原点は何を食べるかです。
まず、どのように多忙でも自分の食事は、食材購入を人任せにせずにご自分でしてください。
調理は、何も凝る必要はありません。最低、野菜サラダと味噌汁が作れれば充分です。
その他のお惣菜は、自分で作るもよし、スパーで買うのもよしです。
大腿骨頭壊死症の改善は、食の自立から始まります。

図 抗酸化食品分類①

図 抗酸化食品②

PAGE TOP