大腿骨頭壊死症専門の療法院 健康ライフやすらぎ

改善率65.5% 6年間で90人が改善
群馬県からの問い合わせと改善方針の説明

群馬県からの問い合わせと改善方針の説明

右股関節壊死の患者様からの問い合わせ

お尋ねします。1955年生まれ64歳です。右股関節壊死です。今まで走ることはできませんが、運動自体は好きです。
数年前頃から股関節に痛みを感じて杖を使っております。
手術はしたくありません。
手術をしないで治すことが出来るようですが、いかがでしょうか?
画像を送りますのでご指導をお願いいたします。

現状と健康ライフやすらぎからの返信

患者様より送付していただいた画像

右股関節壊死の患者様からの問い合わせ

大腿骨頭壊死症の判定

大腿骨頭壊死症の進行:かなり進行しています。
大腿骨頭壊死症の範囲:骨盤の外側に広がっています。
進行の進んだ大腿骨頭壊死症です。
股関節軟骨層が薄い状態です。
変形性股関節炎を起こしています。

大腿骨頭壊死症 改善方法の提案

関節の滑りを良くして、痛みを鎮静化します。
軟骨層を増やして、痛みと歩行障害を改善するようにします。
変形性股関節炎が発症しているので、改善にはかなりの時間が必要です。
改善の程度はやってみなければ分かりません。

痛みにつきまして

筋力を付けることは理想ですが、筋力増強のみに症状改善を託すのは無理です。むしろ過重な運動により、軟骨が摩耗します。

このような変形性股関節炎を起こしたのは、壊死した骨頭の圧潰といわれる骨折が起きたからです。
骨頭の上には、軟骨が張り付く形で乗っかっていますので、骨頭骨の骨折は、土台となる骨頭骨を失った軟骨剥離となります。

通常、骨折骨は体内の免疫細胞の起こす炎症作用で、消化されて体内に吸収されます。
大腿骨頭壊死症の大きな特徴の痛みはこの時に最大の痛みになり、トイレにも行けないくらいの痛みになります。
レベル5の最大の痛みが過去に出たのでしたら、その時期をお教えください。

大腿骨頭壊死症痛みの改善は以下の二つの対処が必要です。

  1. 軟骨がはく離したことによる機械的な刺激による痛みへの対応。
  2. 壊死組織により起きる炎症性の痛みに対する対応。

痛みへの対応は、サプリメントと交流磁気治療器で行います。
(1)と(2)の改善には6種類の成分を、使用しています。製剤としては3種類になります。

血管障害改善につきまして

大腿骨頭壊死症は、骨格の中を通る血管の障害によって起きます。

  1. 骨格内血管の内側に炎症が起きてコブを作り血流が止まる。
  2. 他の場所で出来た血栓が骨頭に至る動脈を栓塞して血流がる。
  3. 骨髄内の脂肪細胞が壊死をして出来た脂肪球が血管を閉塞して血流が止まる。

骨再生は骨格内の血管血流を再開するか増やすことでしか始まりません。
良く筋力を付けて関節をサポートするように指導されますが、血管障害を起こした骨格内血管の血流は筋肉トレーニングでは改善できません。

血管障害への対応は2種類のサプリメントと交流磁気で行います。

骨再生と軟骨再生につきまして

栄養を血流に乗せて、壊死組織周辺の正常細胞に届けることで骨再生と軟骨再生が始まりますが、再生には骨芽細胞の遺伝子を刺激する必要があります。
骨再生を促す栄養も必要ですのでサプリメント2種類と交流磁気を使います。

まとめ

サプリメントの種類は6種類と交流磁気治療で改善を進めてまいります。
サプリメントは、2か月先の予想をして購入しますので、6か月間の自宅療法契約をさせていただいております。
価格構成は、サプリメントの代金、交流磁気治療器レンタル料、指導料になりますが、このうち交流磁気治療器は、症状に応じた器械を無償でレンタルいたします。
治療期間が長期間ですので、料金低減化するために私ができることは致しております。ご検討ください。

このように健康ライフやすらぎでは骨頭壊死症にお悩みの方よりご相談のメッセージをいただいております。
お悩みの方はお気軽にご相談、お問い合わせください。

< 患者様の声、治療実例の紹介はこちら >

PAGE TOP